新型MacBook ProとMac miniはBluetooth 5.3をサポート。将来的には音質向上もあり得る?

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間1月17日にAppleが発表した新型14/16インチMacBook Proと、新型Mac miniは、いずれもBluetooth 5.3をサポートしている。

先代モデルはBluetooth 5.0をサポートしていたことから、現行最新のバージョンに変更されたことになる。

Bluetoothのバージョンを引き上げることで、パフォーマンスの改善に期待がかかる。

Bluetooth 5.3は、次世代Bluetooth Audioである 「LEオーディオ」 をサポートし、かつ新オーディオコーデック 「LC3」 が利用できる規格となる。

具体的には、LC3/160kbpと従来のSBC/345kbpsの音質は同等(LC3のほうが音質が良いわけではない)とされており、より消費電力を少ない状態でこれまでと同等の音質や低遅延を実現できるとされている。

また、将来のアップデートでロスレス品質での再生も可能になるされるLC3plusにも対応する可能性もあるが、Appleはこれらのコーデックをサポートしておらず、今後のアップデートで利用できるようになるかは不透明だ。

ただし、昨年秋に発売したiPhone 14シリーズやAirPods Pro (第2世代)、iPad Pro (2022)も同様にBluetooth 5.3に置き換えられていることから、今後Bluetoothを介したワイヤレスオーディオの品質が引き上げられる可能性はありそうだ。

Appleは、Apple Musicのロスレスオーディオをワイヤレスデバイスで利用できるようにするため、独自のコーデックを開発しているとも囁かれているが、その真偽は不明のまま。AppleはApple Musicのロスレスオーディオのワイヤレス化を実現する計画があるのだろうか。

関連記事
新型MacBook ProはHDMI 2.1をサポート。8K/60Hz・4K/240Hz出力が可能に
Intelプロセッサ版Mac miniが販売終了。ラインナップはM2/M2 Pro搭載モデルのみに

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。