Apple、旧型MacBook Proのバッテリー回収プログラムを開始 2015~2017年に製造された15インチMacBook Proにバッテリー加熱のおそれ

6月20日、Appleは旧型15インチMacBook Proの内蔵バッテリーに対して、過熱・防火安全上の問題が発生する恐れがあるとして、「15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」 を実施することを発表した。

このリコールプログラムは、2015年9月から2017年2月までの間に販売された 「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」 が対象だ。

旧型15インチMacBook Proのバッテリーを無償交換

同プログラムの対象となるかどうかは、製品のシリアル番号で判断できる。「15インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラム」 のページにシリアル番号を入力する欄があるため、ここに所有するMacBook Proのシリアル番号を入力すると該当するかどうかがすぐ分かる仕組みだ。

シリアル番号は、画面左上隅にあるApple メニュー()をクリックし、「このMacについて」 を選択すると表示される。もし、ここに 「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)」 というモデル名が表示されている場合はリコールプログラムに該当する可能性があるため、先述のページでシリアル番号を入力してみてほしい。

もしリコールプログラムの対象だったことが分かったら、AppleはすぐにMacBook Proの使用を停止し、無料の修理依頼に出すことを勧めている。交換修理は、全国のApple Storeや正規サービスプロバイダで可能だ。遠隔地の場合は郵送にも対応する。

関連記事
【徹底レビュー】MacBook Pro 2019 13インチ:性能向上とキーボードの改良でいよいよ完成体に。2018年モデルとの比較も
MacBook Air (2018) レビュー:やっと現代化を果たした新型モデル、一体何がすごいのか

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。