新型MacBook Proの登場は近い?ベンチマークがGeekbenchに登場

Appleの新型MacBook Proの発表はやはり今年後半か。

様々な端末のベンチマークスコアを掲載するGeekbenchに、新型モデルのものと思われるベンチマークスコアが登場したことが分かった。海外メディアの9To5Macが報じた。

Geekbenchに新型MacBook Proのベンチマークスコアが登場か

以下が、Geekbenchに掲載されている謎のベンチマークスコア。機種IDが「MacBook Pro 15,2」と記載されていることから、未発表の次世代モデル「MacBook Pro 13インチモデル」である可能性がある。現行モデルは、「MacBook Pro 13-inch with Touch Bar」の機種IDが「14,2」だ。

搭載されているプロセッサはIntelの第8世代プロセッサ「Intel Core i7-8559U(Coffe Lake)」。4コア8スレッドで、動作周波数は2.70GHz、TurboBoostで最大4.5GHzで動作することができる。

RAM容量は16GB。現行モデルでは8GBが最低容量で、CTOオプションで16GBまで上げることができるが、新型モデルも同じかどうかは不明。ちなみに、メモリに関しては最大32GBまで搭載することができるようになるという噂もあるが、それによって最低容量が変更されるかどうかは不明。

ベンチマークスコアを見ていこう。スコアはシングルコアが4448、マルチコアが16607。現行モデルに比べて大幅に性能が向上しているほか、「MacBook Pro 15インチモデル」に匹敵するほどの高い性能を持っていることになる。新型モデルへの期待が高まる。

13インチモデルのベンチマークスコア比較
  MacBook Pro (2017) MacBook Pro (2018?)
シングルコア 4448 4606
マルチコア 9553 16607

また、注目しておきたい点がもう一つある。それは動作しているOSが次期バージョンの「macOS Mojave 10.14」ではなく、現行の「macOS High Sierra 10.13.6(ベータ版)」であるということ。

Appleは今年後半、新型iPhoneの発表と同時にMacBook Proの新型モデルを発表すると噂されているが、その頃には最新OSがリリースされるはずだ。

つまり、次期「MacBook Pro」は「macOS Mojave」のリリース前に発売することになる。ということは、少なくとも9月には発売するのかもしれない。あくまで、このベンチマークスコア結果が本物であった場合の話だが。

ちなみに、新型MacBook Proについてはすでに15インチモデルのベンチマークスコアがGeekbenchに登場しており、新型モデルの登場が期待されている状態。先日の情報からは32GBのメモリ搭載が予想され、性能次第ではプロユーザーを満足させることができるかもしれない。

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。