新型「MacBook Pro 2018」のTrue Toneテクノロジーは「LG UltraFine 4K/5K Display」や「Apple Thunderbolt Display」でも利用可能

7月12日、Appleは「MacBook Pro 2018」を発表し、注文受付を開始しているが、同デバイスに搭載されている「True Tone テクノロジー」が「LG UltraFine 4K/5K Display」や「Apple Thunderbolt Display」でも利用できることが分かった。

Appleが公開したサポートドキュメントによると、MacBook Pro(2018)は以下のディスプレイと接続することで、外部ディスプレイでもTrue Toneテクノロジーを利用することが可能だという。

これらの外部ディスプレイでTrue Toneを利用したい場合、MacBook Pro(2018)と上記ディスプレイを接続したのちに、Macのメニューバーから「システム環境設定」を開く。そして、「ディスプレイ」項目の中の「ディスプレイ」タブに「True Tone」という項目があるため、これにチェックを入れるだけ。

True Tone機能は、MacBook Pro(2018)に搭載された新機能。iPad ProやiPhone XなどのiOSデバイスのハイエンドモデルに搭載されているTrueToneディスプレイと似た機能で、周辺光の色や明るさを検知し、画面のホワイトバランスを調節することで、正しい画面の色描写を実現している。

例えば、夕陽の元でMacBook Proを開くと画面はわずかに赤みがかった色に変化するなど。自然な色合いの画面を見ながら作業することができる。

残念ながら上記ディスプレイ以外のディスプレイでは利用することができないが、もしこれらの外部ディスプレイを持っているのなら、MacBook Pro(2018)の到着後、是非利用してみていただきたい。

ちなみに、MacBook Pro(2018)に搭載されている有機ELタッチディスプレイ「Touch Bar」もTrue Toneに対応することが明らかになっている。詳しくは以下の記事をご覧いただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。