MacBook Pro(2019) の全ベンチマークスコア (13インチモデル/15インチモデル) が判明

今朝、MacBook Pro (2019) の8コアプロセッサ搭載モデルのベンチマークスコアが明らかになったばかりだが、今度は 「MacBook Pro (2019)」 の全モデルのベンチマークスコアが明らかに。これからMacBook Pro (2019) を購入しようと考えている方は、以下のベンチマークスコアを参考にしてみてはどうだろうか。

▶︎ Apple公式サイトでMacBook Pro (2019)をチェック

MacBook Pro(2019) の全モデルのベンチマークスコアが明らかに

今回ベンチマークスコアを公開したのは、国内メディアのMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)。同メディアは新型Mac登場の際、各新型モデルのベンチマークスコアを公開していることで有名だ。

Macお宝鑑定団blog(羅針盤)が計測したベンチマークスコアは以下。

モデル プロセッサ コア数 シングルコア マルチコア
15インチMacBook Pro(2019) i9 / 2.4GHz 8 5659 31336
i9 / 2.3GHz 8 5794 30419
i7 / 2.6GHz 6 5471 23872
15インチMacBook Pro(2018) i9 / 2.9GHz 6 5510 24136
i7 / 2.6GHz 6 5237 22672
i7 / 2.2GHz 6 5084 22222
13インチMacBook Pro(2019) i7 / 2.8GHz 4 5647 19085
i5 / 2.4GHz 4 5050 18408
13インチMacBook Pro(2018) i7 / 2.7GHz 4 5315 18669
i5 / 2.3GHz 4 4645 16981

このベンチマークスコアの結果から、15インチMacBook Pro (2019)の8コアプロセッサ搭載モデルは、6コアプロセッサ搭載モデルに比べて最大1.5倍高速になっていることになる。

驚愕なのは、15インチMacBook ProのCore i9搭載モデルのマルチコアスコアが3万点越えをしているという点。これはiMac Proなどのプロ向けデスクトップモデルが持つ性能で完全にモンスター級スペック。一般ユーザーが使いこなせるレベルの代物ではなさそうだ。また、13インチMacBook Proについては最大1.1倍高速化されていることが分かった。

さらに、グラフィック性能については昨年発売したMacBook Pro(2018)と MacBook Pro(2019)とではほとんど差がない結果になったという。詳しいベンチマーク結果はMacお宝鑑定団Blog(羅針盤)の記事をご覧いただきたい。

上記結果から、より新型の恩恵を得られるのはMacBook Pro 15インチモデルで、MacBook Pro 13インチモデルに関しては前モデルのMacBook Pro (2018) から大きくは進化していないことになる。

ちなみに、Appleは今回の新型MacBook Proの性能について、6コアプロセッサを搭載した旧MacBook Proに比べて最大40%、クアッドコアプロセッサを搭載したMacBook Proに比べて最大2倍の性能になっていると伝えていたが、この説明には間違いはないようだ。

新型MacBook Proについては以下の記事で詳しく紹介している。新型モデルについて気になる方はぜひ以下の記事をご覧いただきたい。

関連記事
【比較】MacBook Pro(2019)とMacBook Pro(2018)のスペック・仕様の違いを徹底比較
【徹底比較】MacBook Pro(2019) 13インチと15インチモデル、どちらを買うべき?
【2019年版】13インチMacBook ProはTouch Barありとなし、どちらを買うか。スペック・価格で徹底比較

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。