M1チップ搭載の新型Mac miniが正式発表。スペック、仕様、価格、発売日などまとめ

現地時間11月10日、Appleは新製品発表イベント 「One more thing.」 を開催し、独自開発チップ 「Apple Silicon」 を搭載した新型Mac miniを発売することを正式に発表した。

本製品は本日(11月11日)から予約受付が開始され、来週に発売予定。オンラインでの予約はApple公式サイトから。

M1チップを搭載した新型Mac miniが登場

今回発表された新型Mac miniは、Appleの自社製プロセッサチップ 「Apple Silicon (アップル シリコン) 」 を搭載した初のデスクトップMac。

本体サイズは従来モデルから変わらず19.7×19.7cmとコンパクトなままで、デザインもほとんど変わらないものの、新たに搭載された 「M1」 チップにより、高いパフォーマンスを発揮する。ちなみに、Intelのプロセッサを搭載していた一世代前のモデルは本体がスペースグレイだったのに対し、今回発表された新型モデルはシルバーカラーが採用されている。

「M1チップ」 は、Macのために開発された初のApple Siliconプロセッサ。5nmプロセスを採用し160億トランジスタを搭載した8コアプロセッサで高性能コア4つ、高効率コア4つで構成されている。処理性能は一般的なラップトップ向けチップに比べて2倍以上のパフォーマンスを発揮するが、省電力性も高く従来から1/3に抑えられているという。

GPUも8コア構成になっており、約25,000スレッドを一度に処理することが可能。ニューラルエンジンは16コア構成で、Thunderbolt/USB 4もサポートする。

M1チップが持つ8コアのCPUにより、一世代前のMac miniと比べて、処理速度が最大3倍高速に。また、8コアのGPUによりグラフィックス性能は最大6倍と大きく向上しているのが大きな特徴だ。

さらに、Neural Engineの搭載により機械学習の性能も向上し、一世代前のモデルに比べて最大15倍高速に。SSDは最大3.4GB/sのリード/ライト速度を実現しており、ファイルの読み込みやアプリの起動は一瞬で終了するという。

Mac miniは内部の冷却システムも進化しており、高負荷な作業をしていても本体は静かで熱くならず、パフォーマンスを持続することが可能。

搭載ポートはUSB-Aポート(最大5Gb/s)が2つ、Thunderboltポートが2つ、HDMI 2.0ポート、ギガビットEthernetポート、3.5mmヘッドフォンジャックとなっていて、ThunderboltポートはUSB4に対応した最新のものに置き換えられている。

また、新型Mac miniはフル6K解像度のApple Pro Display XDRを含む最大2台のディスプレイをサポート。ワイヤレスパフォーマンスがより高速になるWi-Fi 6も搭載したことで、様々な作業をより効率的にこなすことができるようになっている。

新型Mac miniは本日から予約受付が開始されており、従来のクアッドコアモデルより1万円安い72,800円(税別)から購入可能だ。

関連記事
Apple、Macの独自チップ 「Apple シリコン」 への移行計画を発表。初ARM版Macは2020年末に登場へ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。