「macOS 10.13.4」から「Podcast」がスタンドアロンアプリとして独立か

1月25日、Appleは開発者向けに「macOS High Sierra 10.13.4 beta 1」を配信している。同ベータ版では少ないながら、いくつかの変更点が見つかっており、その中でも新たにプライバシーに関する情報の取り扱いについて、Appleはユーザーに説明する画面を表示する仕様に変更したことが判明している。

しかし、このプライバシー情報の取り扱いに関する説明文をよく読んでみると、「macOS High Sierra 10.13.4」には、Podcastのスタンドアロンアプリが同梱されている可能性があることがわかった。

これを指摘しているのは、海外メディア9to5Mac。実際に表示される説明文の中には、「Podcast app」という名称が出てきており、今後「Podcast」はiTunesから独立し、単独アプリとして登場することが予想される。

従来までのmacOSでは、PodcastはiTunes内の機能としてリリースされていた。また、iOSではすでに「Podcast」アプリが用意されており、iTunesを開くことなくPodcastの再生が可能となっている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。