正式版 「macOS 10.14.5」 がリリース 新元号 「令和」 に対応

5月14日、Appleは一般ユーザー向けに 「macOS 10.14.5」 をリリースした。対応するデバイスをお持ちの方は、同バージョンへのアップデートが可能だ。

「macOS 10.14.5」 では、複数の新機能や変更点が確認されているが、日本語環境における主な変更点は、新元号 「令和」 への対応だ。macOSの暦法を 「和暦」 に変更した場合、カレンダーなどで 「平成31年」 が 「令和元年」 に表示が変更になっている。

また、ビデオや写真、音楽を 「AirPlay 2」 に対応したスマートテレビにダイレクトに共有できるようになったほか、MacBook Pro (2018) でのオーディオ遅延、特定のOmniOutlinerおよびOmniPlanの書類が適切にレンダリングされない問題など、前バージョンに存在した細かい不具合の修正や、いくつかの問題が解決されている。リリースノートは以下の通りだ。

macOS Mojave 10.14.5アップデートでは、お使いのMacの安定性と信頼性が改善されます。このアップデートは、すべてのユーザに推奨されます。

このアップデートの内容:
• ビデオ、写真、ミュージックなどをMacからAirPlay 2対応のスマートテレビにダイレクトに共有するAirPlay 2の機能を追加
• 和暦の元号“令和”に対応
• 2018年に投入されたMacBook Proでのオーディオ遅延を改善
• 特定の非常に大きなOmniOutlinerおよびOmniPlanの書類が適切にレンダリングされない問題を修正

このアップデートについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT209149
このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、こちらを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

「macOS 10.14.1 Mojave」が利用できるデバイスは以下のとおり。アップデートする場合は 「システム環境設定」 内の 「ソフトウェア・アップデート」 から。

・MacBook (Early 2015以降)
・MacBook Air (Mid 2012以降)
・MacBook Pro (Mid 2012以降)
・Mac mini (Late 2012以降)
・iMac (Late 2012以降)
・iMac Pro (2017)
・Mac Pro (Late 2013またはMetal対応GPUを搭載したMid 2010 or Mid 2012)

また、正式版 「macOS 10.14.5」 と同時に、「iTunesデバイスサポートアップデート」 もリリースされている。リリースノートによると、「このアップデートにより、iTunes for Macを使用して適切にiOSデバイスのアップデートおよび復元ができるようになります。」 とのこと。

こちらはmacOS High Sierra以前のバージョンでも配信されており、macOS Mojaveでは 「ソフトウェア・アップデート」 から、macOS High Sierra以前のバージョンでは 「App Store」 からインストールが可能だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。