次期macOS、品質改善をメインとする小規模アップデートを予定 目玉機能はiOSとmacOSの両方で動作するユニバーサルアプリか

30日、Appleが開発している次期iOSの「iOS 12」は小規模アップデートになる可能性があることがわかった。Appleは、現行の「iOS 11」に存在する問題やパフォーマンスを改善するために、目玉となる新機能の導入を少なくし、ユーザーエクスペリエンスの向上を目指しているという。

Appleのソフトウェア・エンジニアリング担当のCraig Federighi氏が社内会議で、開発スタッフに伝達したと伝えられている。

しかし、この会議で触れられていたのは次期iOSだけでなく、次期macOSについても議論が及んでいた模様。BloombergのMark Gurman氏によると、Appleは「macOS 10.14」も「iOS 12」と同様に大規模なアップデートを行わず、主にパフォーマンスの改善等の品質向上がメインで実施されるのではないか、とのこと。

「macOS 10.14」も「iOS 12」と同様、品質の向上を優先へ

Appleは近年、iOSだけでなく、Macも大幅に仕様を変更してきた。もちろん、これらの変更は、よりMacが使いやすくなるための布石となるものばかりだったが、大幅な仕様変更にはどうしても予期しない不具合が発生するケースが多い。

前回のアップデート時もその例に漏れず、新ファイルシステム「APFS」を導入したところ、特定のアプリが正常に動作しなくなった。また、Macの管理者アカウントにパスワード不要でログインできてしまう問題など、多数の問題や不具合が指摘されてきた。

もちろん新機能の追加もとても重要だが、ユーザーからは何よりmacOSの安定性を求める声が上がっている。Appleもおそらく、自覚があったに違いない。

ただし、新機能もないわけではないようだ。Mark Gurman氏によれば、以前も噂に上がっていた通り、「iOS 12」と「macOS 10.14」で、iOSとmacOSの両方で動作するユニバーサルアプリ環境が整う可能性があるとのこと。iOSアプリをMacで起動できるようになるようになるかもしれない。

ちなみに、パフォーマンス改善に重きが置かれるのは、「iOS 12」と「macOS 10.14」のみで、他の「watchOS 5」や「tvOS 12」などはこれまで同様に、多数の新機能が導入されることが予想されている。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。