次期macOS 「macOS 10.15」、iPadをサブディスプレイとして利用できるようにする可能性

今秋にリリース予定の次期macOSの 「macOS 10.15」 に搭載される新機能のひとつが明らかになった。開発者であり、9to5Macの記者でもあるGuilherme Rambo氏によると、次期macOSはiPadをサブディスプレイとして使用する機能が実装される予定であるとのこと。macOSの開発に携わっている人物からの情報として伝えた。

次期macOSではiPadをサブディスプレイとして利用可能に

同記者によると、この機能はApple社内で 「Sidecar」 と呼ばれているらしい。「Sidecar」 はMacで起動している特定のアプリを他のディスプレイに映し出す機能で、Macに接続した外部ディスプレイだけでなくiPadにも映し出すことが可能だとか。

同機能を利用する方法はとても簡単。Macのウィンドウ左上に表示される最大化ボタンに、新たに 「外部モニターに表示する」 という選択肢が生まれるとのこと。このボタンをクリックすることで外部モニターにアプリをフルスクリーン表示することが可能だ。ただし、表示できるのはフルスクリーンのみで、外部ディスプレイのように自由にウィンドウを配置して利用するには、これまで通りiPadではなく外部ディスプレイが必要となるようだ。

しかし、Apple Pencilを使っているユーザーには朗報とも言えるかもしれない。iPadのみがApple Pencilに対応していることもあり、iPadにMacの画面を出力した際にもApple Pencilを使うことが可能であるとのことだ。ワコムの液晶ペンタブのような使い方ができるとみられる。

また、この機能はMacの画面の大きさに不満を持っている人に歓迎される機能になるはずだ。例えばカフェなど、外出先にMacBookとiPadを持っていけば簡単にデュアルディスプレイ環境を構築できる。

これらの情報が本当であれば、今年の新macOSの最大の特徴は、この 「Sidecar」 機能かもしれない。例年通りであれば、「macOS 10.15」は今秋にリリース予定で、6月開催のイベント「WWDC 2019」 で開発者向けに披露されることになる予定だ。

関連記事
iPad mini(第5世代) レビュー | 持ち運びタブレットの決定版。Apple Pencil対応で究極の小型デジタルスケッチブックに
iMac 27インチ5Kモデル (2019) レビュー | iMacは一体何ができるの?どんな人にオススメか徹底解説
【徹底レビュー】13インチ「MacBook Pro 2018」新プロセッサ搭載で性能大幅向上〜新モデルの真の魅力を解説

▶︎ 各種iPadの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

[ img via Luna Display ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。