macOSの32bitアプリのサポートは「macOS Mojave」が最後

「macOS Mojave」は32-bitアプリが動作する最後のOSになると、Appleが正式に発表している。


これは、6月4日から米サンノゼで開催されている「WWDC 2018」のセッション「Platform State of the Union」の中で説明された。同セッション内で、Appleは32-bitアプリケーションの最終サポートOSが「macOS 10.14 Mojave」になると正式にアナウンスしている。

「32-bit」アプリのサポート終了は昨年の「WWDC 2017」で発表されていた。この時、Appleは開発者に対し32-bitアプリ廃止に向けたスケジュールについて説明しており、その後にアプリの新規提出・アップデート審査時に64-bit化を義務化、「macOS 10.13.4 High Sierra」から32-bitアプリの起動時に警告が表示されるように仕様変更してきた。

上記の対応から、今までは「macOS 10.14」から32-bitアプリがサポート外になることが確実視されていたが、この度のWWDCで正式なタイムリミットがアナウンスされた形となる。

ちなみに今回のWWDCでは、今秋リリース予定の「macOS 10.14 Mojave」がQuickTime 7 frameworkやCarbon HLBT、Java 1.6 Apple framework をサポートする最後のOSになる予定であるとも発表している。

▶︎ Apple公式サイトで各種「iMac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
 ・MacBook
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。