「macOS Catalina 10.15」 新機能まとめ iTunesが廃止されMusic・Podcast・TVアプリに分割、iPadのサブディスプレイ化など

現地時間6月3日、Appleは年次開発者会議 「WWDC 2019」 の基調講演を米サンノゼで実施し、次期macOSを正式に発表した。

次期macOSの名称は 「macOS Catalina」 。事前の噂どおり、iTunesの機能が3つのアプリに分割されたことでiTunesは実質廃止となったほか、iPadをサブディスプレイとして使えるようになるなど大きな変更点が加えられるようだ。

iTunesの機能がMusic・Podcast・TVアプリに分割

これまで音楽やビデオの再生、Podcastの購読など様々な機能が利用できていたiTunesだったが、今回の 「macOS Catalina」 ではこれらの機能がそれぞれ独立した3つのアプリに振り分けられ、実質的にiTunesは廃止されることとなった。

iTunesから機能を引き継ぐのは 「Music」 「Podcast」 「TV」 の3つのアプリ。名前をみれば機能は一目瞭然で、それぞれ音楽関係の機能は 「Music」 アプリに、Podcastは 「Podcast」 アプリに、ビデオ関連の機能は 「TV」 アプリに集約される。

ちなみに、iOSデバイスのデータ管理やバックアップはFinderから利用する方式に変更されることになるとのことだ。

iPadがMacのサブディスプレイに

MacとiPadの両方を持っている方に朗報。「macOS Catalina」 では、iPadをMacのサブディスプレイとして利用できる 「Sidecar」 機能が提供される。

iPadへの接続は有線もしくは無線のどちらも利用可能で、Apple Pencilを組み合わせることでiPadを液晶ペンタブレットのように使うこともできるようになっている。同機能に対応するアプリは以下のとおりだ。

Find Myアプリが登場

「macOS Catalina」 では、「Find My iPhone」 「Find My Friends」 「Find My Mac」 が統合化し、1つのアプリでこれらの機能が利用できるようになった。アプリ名は 「Find My」 。

同アプリは暗号化されたBluetoothの電波を頼りにデバイスを探すことが可能だ。もし仮にデバイスのBluetooth機能がオフになっていたとしても、最後にBluetoothの電波を発していた場所を示すため、デバイスの電源がなくなったとしてもデバイスを探す手がかりにはなってくれそうだ。

iPadアプリをmacOS向けに移植する 「Project Catalyst」

「macOS Catalina」 の発表の際には、iPadアプリを簡単にMacアプリに移植できる 「Project Catalyst」 も同時に発表されている。

同プロジェクトにより、今秋にはiPad向けの優れたアプリがMacでも利用できるようになることがアナウンスされている。例えば、Mac版アプリの提供が終了してしまった 「Twitter」 が復活を遂げるほか、人気ゲーム 「Asphalt 9」 のMac版が登場する予定だ。


「macOS Catalina」 は今秋正式リリース予定。すでに基調講演終了後にはデベロッパープレビューが開始されており、7月にはパブリックベータ版の配信も開始される予定だ。

「macOS Catalina」 をいち早く触ってみたい方はパブリックベータ版の配信をお楽しみに。

関連記事
「iOS 13」 が正式発表 ダークモードに対応。パフォーマンスもさらなる改善
iPad用の新OS 「iPadOS」 が正式発表 同じアプリの2画面表示が可能、便利なジェスチャー操作が追加
Apple、「watchOS 6」 正式発表 App StoreがApple Watchにやってくる
Apple、「tvOS 13」 発表 PS4やXbox Oneのコントローラーをサポート。マルチユーザー機能にも対応

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。