「macOS Catalina 10.15 GM」 が配信開始

10月4日、Appleは開発者向けに 「macOS Catalina 10.15 GM」 の配信を開始。デベロッパー登録しているユーザーはダウンロードすることが可能だ。「macOS Catalina 10.15 GM」 のビルドナンバーは19A582aだ。

「macOS Catalina 10.15 GM」 が配信開始

今回公開された 「macOS Catalina 10.15 GM」 は、これまで開発者向けに公開されてきたベータテストの最終版にあたるバージョン。まもなく配信される正式版 「macOS Catalina 10.15」 と実質的に同じ内容になっていて、大きな問題が見つからなかった場合、正式版 「macOS Catalina 10.15」 のリリースにGOサインが出ることになる。

ちなみに、正式版 「macOS Catalina 10.15」 の配信日については明らかにされていないが、今月4日(日本時間では10月5日か) に配信が開始されるという情報がある。

macOS Catalina 10.15では、これまでmacOSでお馴染みだったiTunesアプリが 「Music」 「TV」 「Podcast」 の3つのアプリに役割が分割。さらに、iPadをサブディスプレイとして利用できるようになる新機能 「Sidecar」 が追加されるなど複数の新機能が追加される。

関連記事
Apple、「tvOS 13」 発表 PS4やXbox Oneのコントローラーをサポート。マルチユーザー機能にも対応
tvOS 13でピクチャ・イン・ピクチャ (PinP) 機能が利用可能に

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。