「macOS Catalina」 のサポート端末はmacOS Mojaveと同じ。2012年モデルもサポート

6月4日、Appleは米サンノゼで開催している年次開発者会議「WWDC 2019」 の基調講演で、次期macOSこと 「macOS Catalina」 を発表した。そして同時に、「macOS Catalina」 の対応デバイスについても発表されている。

Appleの発表によると、「macOS Catalina」 のサポートは、昨年リリースの 「macOS 10.14 Mojave」 と同じであるとのこと。具体的には、2015年以降のMacBook・MacBook Air・MacBook Pro・Mac mini・iMac。そして2013年以降のMac Pro、2017年以降のiMac Proをサポートする。

表にすると以下の通りになっている。

  macOS Catalina サポート端末
MacBook 2012年モデル〜
MacBook Air 2012年モデル〜
MacBook Pro 2012年モデル〜
Mac mini 2012年モデル〜
iMac 2012年モデル〜
iMac Pro 2017年モデル〜
Mac Pro 2013年モデル〜

「macOS Catalina」 は2019年秋に正式リリース予定。本日から開発者向けにベータ版が配布され、7月にはパブリックベータ版が公開される予定となっている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。