「macOS High Sierra 10.13.4」、32bitアプリ起動時に警告表示

いよいよmacOSでの32bitアプリのサポート終了が目に見える形で警告されるように。

9to5Macによると、25日に開発者向けにリリースされた「macOS High Sierra 10.13.4 beta 1」では、32bitアプリの起動時に警告が表示されるようになっていることが確認されたとのこと。

「macOS High Sierra 10.13.4」では32bitアプリ起動時に警告が表示

今のところ、警告が表示されているのは「macOS High Sierra 10.13.4 beta 1」を導入した端末だけで、以前のiOSと同様、32bitアプリの起動時に警告が表示されているようだ。

9to5Macが言うには、まだ「macOS High Sierra 10.13.4」の時点では警告が表示されるだけで、アプリ自体は使うことができるという。ただし、今秋リリース予定の次期OS「macOS 10.14」では完全に32bitアプリが使えなくなってしまうことはほぼ確実となっている状態であるため、もし今使っているアプリが64bit未対応であることが分かった場合、本格的に使えなくなる前に他の代替アプリを探すことも検討した方が良いかもしれない。

ちなみに、Appleは今年1月から、Mac向け新規アプリの承認条件として64bit対応を必須化しており、さらに今年6月からはアプリのアップデート時にも64bit対応を必須化することを明らかにしている。

まだ64bit対応を行なっていないアプリがある開発者の方は、対応を急ぐようにしよう。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。