「macOS High Sierra」に新たな不具合 システム環境設定の一部項目をパスワードなしでロック解除できてしまう

昨年11月末、「macOS High Sierra 10.13」でMacのログイン時にユーザー名に「root」を入力することで管理者アカウントにログインできてしまう不具合が発見されていたが、またもや同じような不具合が発生しているようだ。

現在の正式版macOSの最新バージョン「macOS High Sierra 10.13.2」では、システム環境設定の「App Store」の項目のロックをパスワードなしで解除できてしまう不具合が発見されていることが判明した。MacRumorsが伝えている。

システム環境設定の「App Store」の項目のロックをパスワードなしで解除可能

Macのシステム環境設定で設定を変更するには、メニュー左下に表示されている鍵マークをクリックしてユーザー名とパスワードを入力し、ロック解除を行なう必要がある。

本来であれば、両項目が正しくなければロックは解除できないはずだが、「macOS High Sierra 10.13.2」ではユーザー名に何らかの文字が入力されてさえいれば、パスワードを入力せずともロック解除が可能に。また、パスワード欄に任意のパスワードを入力することでもロック解除できてしまうとのこと。

ただし、同不具合を発見したユーザーは、システム環境設定の「App Store」以外の項目ではこの方法でロック解除できず、さらにMacのシステム管理者アカウント以外のアカウントでは同不具合が再現できなかったと報告。

また、システム管理者としてログインしている場合、デフォルトで「App Store」欄のロックは解除された状態になっているため、そこまで大きな問題にはならないと発言している。

ちなみに、現在開発者向けに公開されている「macOS High Sierra 10.13.3 beta 4」や、Public Betaテスター向けに公開されている「macOS High Sierra 10.13.3 Public Beta 4」では同問題はすでに修正済みであるとのことから、正式版「macOS High Sierra 10.13.3」では同問題が修正されることが予想される。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。