Mac版 「Keynote・Numbers・Pages」 アプリがアップデート 顔の検出機能を使った写真配置やテキストのグラデーションスタイルが選べるように

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間6月25日、AppleはMac向けに配信しているiWorkアプリをアップデート。Keynote、Numbers、Pagesの各アプリに対して、複数の新機能を追加している。

今回のアップデートの大きな変更点は、顔の検出機能を使って写真の被写体がプレースホルダやオブジェクト内にインテリジェントに配置できるようになったり、テキストをグラデーションやイメージで塗りつぶしたり、新しいアウトラインのスタイルを適用することができるように。

そのほかにもiWorkアプリには多数の新機能・変更点が加えられている。各アプリの変更点は以下の通りになっている。

Mac版 「iWork (Ver. 6.1)」 アプリの共通の新機能
•顔の検出機能を使って、写真の被写体がプレースホルダやオブジェクト内にインテリジェントに配置されます。
•テキストをグラデーションやイメージで塗りつぶしたり、新しいアウトラインのスタイルを適用したりして、テキストのスタイルを設定できます。
•イメージ、図形、方程式をテキストボックス内に配置して、テキストと一緒に移動させることができます。

「Keynote (Ver. 6.1)」 だけの新機能
•プレゼンテーションでの共同制作中にマスタースライドを編集できます。

「Numbers (Ver. 6.1)」 だけの新機能
•強化された128ビット計算エンジンにより、正確さが大幅に向上しています。
•スプレッドシートで、テキストからほかのシートへのリンクを作成できます。
•表の編集中と並べ替え時のパフォーマンスが向上しました。
•フィルタリングされた表に行を追加できます。

「Pages (Ver. 6.1)」 だけの新機能
•ページレイアウト書類で、テキストからほかのページへのリンクを作成できます。
•ページやセクションを書類間でコピー&ペーストできます。
•マスターページを再適用して、テキストプレースホルダやメディアプレースホルダをデフォルトのスタイルと配置に戻すことができます。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。