「macOS Mojave 10.14 beta 11 (18A389)」が開発者向けに公開

9月13日、Appleは開発者向けに「macOS Mojave 10.14 beta 11」を公開した。デベロッパー登録しているユーザーは同ベータ版を利用することができるようになっている。

「macOS Mojave 10.14 beta 11」の変更点は現時点では明らかになっていない。ただ、前回公開されたベータ10においても大きな変更点がなかったため、おそらく今回も変更点は少ないものと予想される。もし何かしらの変更箇所が見つかった場合は別途お伝えする予定だ。

「macOS Mojave 10.14 beta 11」のビルドナンバーは「18A389」。「macOS Mojave」では、システム環境設定にある「ソフトウェアアップデート」からmacOSをアップデートする方式に変更されているので、開発者の方々はここからアップデートするようにしよう。

ちなみに、Appleは正式版「macOS Mojave 10.14」を9月24日(日本時間9月25日)に配信する事を明らかにしている。


「macOS Mojave 10.14」では、多くのユーザーが望んでいた「ダークモード」が利用できるようになり、デスクトップのアイコンを種類別に整理する「デスクトップ・スタックス」の追加、Mac App Storeのリニューアルなどが行われる予定だ。また、マップアプリではダークモード使用時に夜のマップが表示されるなどの複数の変更が行われている。

これらの詳細については、以下のまとめ記事を確認していただければと思う。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。