Apple、パブリックベータテスター向けに「macOS Sierra Public beta」をリリース!

macOSsierra

先ほど、「iOS 10」と「macOS Sierra」のパブリックベータ版が本日リリースされるという情報をお伝えしたが、ついに「macOS Sierra」のパブリックベータ版である「macOS Sierra Public beta」がリリースされたようだ!

今回リリースされた「macOS Sierra Public beta」では、「WWDC 2016」で発表されている通り、他のデバイスとの連携機能が大幅に強化されていたり、音声アシスタント機能の「Siri」が搭載されたりと様々な新機能・変更点が追加されている。

「macOS Sierra」の詳細についてはこちらの記事で紹介しているので、そちらを参考にしてほしい。

macOSsierra2

今回の「macOS Sierra Public beta」を利用するには、「Apple Beta Software Program」への登録が必要となっている。まだ登録していないというユーザーはこちらから登録が可能だ。

macos-sierra-public-beta-code

「Apple Beta Software Program」へ登録を行うと、パブリックベータ版をダウンロードするための引き換えコードと「コードを使う」というボタンが表示される。このボタンをクリックすることでMac App Storeが開き、コードが入力された状態の画面が表示されるので、Mac App Store側で表示されている「コードを使う」ボタンをクリックすることで、パブリックベータ版のダウンロードを行うことができる。

ちなみに、先ほどもお伝えしたが、リリースが予定されているパブリックベータ版は正式版ではなくあくまでもベータ版ということなので、予期せぬ不具合やバグが含まれている可能性は十分ある。

特にリリースしたての頃はバグやエラーが多発するだろう。インストールの際には必ずバックアップを取っておき、最悪の事態に備えておこう。

【関連】Apple、Macの新OS「macOS Sierra」を「WWDC 2016」で発表!新機能をまとめてみた【新機能全まとめ】

[ via MacRumors ]

macOS Sierra
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう