「macOS Sierra」では、あるショートカットキーで「Siri」を簡単に呼び出すことが可能!

macOS Sierra

本日、パブリックベータテスター向けに「macOS Sierra Public beta」がリリースされ、ついにベータテスターの皆さんのMacには音声アシスタント機能「Siri」が搭載されたことだろう。

「Siri」を呼び出すには、DockやMacのメニューバーに表示されているSiriのアイコンをクリックする必要があるのだが、毎回クリックするのは正直面倒だ。

しかし、そんな手間をかけず、一瞬で「Siri」を起動する魔法のショートカットコマンドを発見したので、ベータテスターの皆さんはぜひ内容をチェックしてみてほしい!

macos-sierra-siri-short-cut-key

「Siri」を呼び出すには、デフォルトの設定で「Commandキー + スペースキーを長押し」することで簡単に起動することが可能になっている。ただ押すだけではなく「長押し」であるところが特徴で、誤って起動するのを防ぐようになっているようだ。

このショートカットコマンドは「システム環境設定」の「Siri」の「ショートカット」部分で変更することができ、デフォルトの「Hold Command Space」、「Press Function Space」、「カスタマイズ…」の3種類から選ぶことができる。一番下の「カスタマイズ…」では自分の好きなショートカットキーを当てることが可能だ。

ショートカットキーがあると、どんな時でもパッとすぐにSiriを起動することができるので非常に便利だ。僕はデフォルトの「Commandキー + スペースキーを長押し」を使っているが、自分の好みでカスタマイズして、「Siri」を便利に利用しよう!

macOS Sierra
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう