正式版 「macOS Ventura」 配信開始。ステージマネージャや連係カメラなど新機能多数

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間10月24日、Appleは正式版 「macOS Ventura」 を一般ユーザー向けに配信開始した。対応デバイスを利用しているユーザーはインストールすることが可能となっている。

正式版 「macOS Ventura」 配信開始

「macOS Ventura」 では、複数のアプリとウインドウを自動的に整理する 「ステージマネージャ」 機能でマルチタスキングが便利になるほか、iPhoneのカメラシステムをMacで利用できるようになる 「連係カメラ」 が新たに利用できるようになったり、各種アプリのデザインが刷新されてより便利に利用できるようになる。

リリースノートは以下のとおり。

メール

  • 送信の取り消し、送信のスケジュール設定、リマインダー、フォローアップの機能を使用して、より簡単にメールを管理することが可能
  • より正確で完全な結果を返すように検索機能が改善され、入力し始めた瞬間から検索候補を表示

Spotlight

  • クイックルックに対応し、検索結果の上でスペースバーを押すと簡単にファイルのプレビューを表示することが可能
  • 画像検索を使用して、Webにある画像と、写真、メッセージ、メモ、Finderにある画像を探すことが可能
  • ミュージシャン、映画、企業、スポーツなどの豊富な検索結果を表示

Safariとパスキー

  • 共有タブグループで、複数のタブをほかの人と共有することができ、タブグループの更新は共同制作をしながら即時に確認可能
  • パスワードに代わるものとして設計されたパスキーを使用して、より簡単で安全なサインインが可能

メッセージ

  • メッセージの編集、送信の取り消し、未開封にする機能で、日常的なメッセージのやり取りがより簡単に
  • “メッセージ”でSharePlayを使用して、友達とメッセージをやり取りしながら映画やミュージックなどを一緒に楽しむことが可能
  • 共同制作機能では、“メッセージ”を使ってファイルの共同作業への参加を簡単に依頼することができ、スレッドでアクティビティの更新情報を取得することが可能

写真

  • iCloud共有写真ライブラリにより、写真とビデオを最大5人のファミリーメンバーと簡単に共有でき、個々のライブラリを“写真”アプリケーションにシームレスに統合することが可能

ステージマネージャ

  • ステージマネージャでアプリケーションやウインドウを自動的にまとめて、使用中のアプリケーションを中央に、ほかのアプリケーションを画面の左側に表示
  • 開いているアプリケーションを画面の左側でクリックすると、簡単にアプリケーションの切り替えが可能
  • 複数のアプリケーションをグループ化して、ステージマネージャ内にアプリケーションのセットを作ることが可能
  • ステージマネージャで、素早くデスクトップにアクセスして簡単にファイルをアプリケーションにドラッグ&ドロップすることが可能

FaceTime

  • FaceTimeのHandoff機能により、MacからiPhoneやiPadに、またはiPhoneやiPadからMacにシームレスにFaceTime通話を引き継ぐことが可能

連係カメラ

  • 連係カメラでは、iPhoneをMacに近づけてスタンドに立てると、iPhoneをMacのWebカメラとして使用することが可能 (iPhone XR以降)
  • ビデオと照明エフェクトでポートレートモード (iPhone XR以降) 、センターフレーム (iPhone 11以降) 、スタジオ照明 (iPhone 11以降) を使用可能
  • デスクビューでは、iPhoneの超広角カメラを使用して、ビデオ会議中に机の上にあるものを映し出すことが可能 (iPhone 11以降)

このリリースには、以下の機能と改善も含まれています:

  • 世界時計、タイマー、アラームなどの機能を備えた“時計”アプリケーションがMacに加わり、すべてのAppleデバイス間で操作の一貫性が向上
  • Macに“天気”アプリケーションが登場。大きなディスプレイに合わせて最適化され、臨場感あふれるアニメーション、1時間ごとの予報、詳細な天気マップの利用が可能
  • 画像の被写体だけを背景から抜き出して、メールやメッセージなどのアプリケーションにコピー&ペーストすることが可能
  • 集中モードフィルタにより、カレンダー、メール、メッセージ、Safari、他社製アプリケーションなどで気が散るようなコンテンツを表示しないようにすることが可能
  • システム設定のデザインが一新されて操作しやすくなり、新しい名称に変更
  • 緊急セキュリティ対応により、macOSの重要なセキュリティアップデートをこれまで以上に早く配布

一部の機能は、地域やMacの機種によっては使用できない場合があります。

「macOS Ventura」 がインストールできる端末は以下。

  macOS Ventura サポート端末
MacBook 2017年以降に発売したモデル
MacBook Air 2018年以降に発売したモデル
MacBook Pro 2017年以降に発売したモデル
Mac mini 2018年以降に発売したモデル
iMac 2017年以降に発売したモデル
iMac Pro 2017年に発売したモデル
Mac Studio 2022年以降に発売したモデル
Mac Pro 2019年以降に発売したモデル

関連記事
Mac Studio レビュー。お重型の新デスクトップMac、M1 Max / M1 Ultraで27インチiMacを置き換えるか
MacBook Air レビュー|M2チップの実力を徹底検証。誰にオススメなのか考えてみた
13インチMacBook Pro (M2) レビュー | M2チップを初搭載した新型Mac、このデバイスは買うに値するのか真剣に考えてみた

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。