「macOS Mojave 10.14 Public Beta」が配信開始

6月27日、Appleは「macOS Mojave 10.14 Public Beta」を公開した。Apple Beta Software Programに参加しているユーザーは、次期OSのベータ版ダウンロードが可能となった。

「macOS Mojave 10.14」では、多くのユーザーが望んでいた完全なる「ダークモード」が利用できるようになり、さらにデスクトップのアイコンを種類別に整理する「デスクトップ・スタックス」の追加、Mac App Storeのリニューアルなどが行われる予定だ。

他にもMac App Storeが小さい画面でも見やすく改良されているほか、マップアプリでダークモード使用時に夜のマップが表示されるなどの複数の変更が行われている。

「macOS Mojave 10.14」の新機能・変更点一覧については、以下の記事を参考にしていただければと思う。

「macOS Mojave 10.14 Public Beta」は以下のMacにインストールすることが可能だ。利用するにはApple Beta Software Programに参加することが必要だが、対象のMacを持っていれば誰でも利用することができる。

ただし、あくまでベータ版であるためバグや不具合が多数内包されている可能性があり、問題が起きた場合は自己責任になる可能性があるためその点には注意が必要。できればメイン端末などではなくサブ端末などで試用してみていただきたい。

「macOS Mojave 10.14」が利用できるデバイスは以下のとおり。

・MacBook (Early 2015以降)
・MacBook Air (Mid 2012以降)
・MacBook Pro (Mid 2012以降)
・Mac mini (Late 2012以降)
・iMac (Late 2012以降)
・iMac Pro (2017)
・Mac Pro (Late 2013またはMetal対応GPUを搭載したMid 2010 or Mid 2012)
▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。