iTunesはやはり分割か、ただしiTunesアプリ自体はMacに引き続き残る可能性あり

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Macユーザーの間で賛否両論を引き起こした 「iTunes分割の噂」 に続報だ。

先日の報道で、次期macOSの 「macOS 10.15」 で、iTunesがMusicとPodcastの2つのアプリに分割されるという話があったが、開発者であり米9to5Macの記者であるGuilherme Rambo氏が、独自調査の結果、この情報が事実であることがわかったと報告している。

iTunesは分割されるも、依然としてiTunesアプリが提供される見通し

Guilherme Rambo氏は次期macOSに関連するソースコードから、次期macOSで 「Music」、 「Podcast」、「TV」 の3つの単独アプリが提供されることが確認できたとしている。このうち 「Podcast」 と 「TV」 アプリに関してはアプリアイコンも発見したとのこと。

前回はMusicとPodcastがそれぞれ単独アプリとして提供されることにより、iTunesの機能が分割されるのではないかと一部メディアが報じていたが、これはやはり事実である可能性が高い。ただし、Rambo氏がmacOSのソースコードを解析したところ次期macOSには引き続きiTunesアプリが含まれることがわかったことから、「macOS 10.15」 でiTunesアプリが廃止されることはなさそうだ。

発見されたアプリアイコン

さらにRambo氏は、Booksアプリの再設計が行われるという情報も掴んだと報告した。新しいBooksアプリはMacのNewsアプリに似たサイドバーが存在し、ライブラリタブのサイドバーにはユーザーの本やオーディオブック、PDF、その他コレクションが一覧表示される。またライブラリ、ブックストア、オーディオブックストア用などの複数のタブを含む細いタイトルバーが用意されるという。

これらの新たに提供される 「Music」 「Podcast」 「TV」 アプリは、iPadアプリのソースコードを大きく変更することなくMacに移植できる新技術 「Marzipan」 を使って作成される。また、ハッキリとは分かっていないが新しいBooksアプリに関しても同じく 「Marzipan」 技術を使って作成されるだろうとGuilherme Rambo氏は考えているようだ。

今回、Guilherme Rambo氏が伝えた情報は以上となるが、やはり筆者が一番気になるのはiTunesアプリの今後について。iTunesがApple MusicとPodcastを切り離し、より身軽になって提供されることになるのか。6月に開催される 開発者イベント 「WWDC2019」 で詳細が発表されることに期待したい。

関連記事
Apple、iTunesアプリの分割を計画中 macOS 10.15からはMusicとPodcastの2つのアプリが新たに提供か
Apple、「WWDC 2019」 開催を正式発表 2019年6月3日~7日の5日間
有志作成の「WWDC 2019」 壁紙が公開 iPhone、iPad、Macで利用可能

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。