macOS Big Sur 11.3、HomePodのステレオペアを完全サポート

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

HomePodのステレオペア再生をmacOSがついにサポートするようになる。次期macOSのアップデート 「macOS Big Sur 11.3」 において、同機能がサポートされることが開発者向け最新ベータ版から明らかになった。

macOS Big Sur 11.3でHomePodのステレオペアが完全サポート

現地時間2月2日、Appleは開発者向けに 「macOS Big Sur 11.3 Beta 1」 を配信。同ベータ版にはHomePodのステレオペア機能のサポートが追加されていて、この機能を利用することで、Macの音声をふたつのHomePodから同時に出力できるようになる (システム音の再生は不可)。

HomePodのステレオペアは、2台のHomePodもしくはHomePod miniを同期させて、ステレオ再生できるという機能。ベッドサイドや部屋の左右端にそれぞれのHomePodを置くことで、広がりのある音を楽しむことが可能だ。

すでに同機能はiOSやiPadOSなどでサポートされていたものの、macOSではサポートされていなかった。厳密には利用すること自体はできたのだが、対応サービスはミュージックアプリやApple TV+など一部サービスのみに限られていて、ステレオペアが利用できないサービスで音声出力するには1台のHomePodを再生デバイスとして指定する必要があった。

ステレオペアが利用できるデバイスはHomePodとHomePod miniの両方。ただし、HomePodとHomePod miniの1台ずつで構成することはできないので注意。

ちなみにHomePodのステレオペアを完全サポートするmacOS Big Sur 11.3は今年の春にリリースされることが予想されるが、具体的な配信日については現時点では発表されていないため不明となっている。

関連記事
macOS Big Sur 11.3、PS5のDualSenseとXbox Series X|Sコントローラをサポート
MacBook Pro M1 レビュー | 私のMac、速すぎ…!熱くならないしサクサク動く不思議なMac。その実力を徹底検証

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

[ via 9to5Mac ]

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。