次期iMacの機種ID 2種がmacOS Big Sur 11.3の最新ベータ版から発見

現地時間3月23日、Appleが開発者向けに配信開始した 「macOS Big Sur 11.3 beta 5」 の内部コードから、次期iMacの機種IDが発見された。9to5Macが詳細を伝えている。

次期iMacの機種IDが最新ベータ版から発見

発見された機種IDは 「iMac21,1」 と 「iMac21,2」 の2つ。最新のiMac 5Kモデル(2020)の機種IDは 「iMac20,1」 と 「iMac20,2」 であることから、未発売のモデルであることは確実だ。

また、今年初めにBloombergは新型iMacのコードネームが 「J456」 と 「J457」 であると報じていたが、今回のベータ版で発見された機種ID 「iMac20,1」 と 「iMac20,2」 がBloombergが報じたコードネームを持っていることが確認できたという。

最新のベータ版から機種IDが発見されたことから、その発売が徐々に近づいていることが伺える。複数のリーカーやアナリストらによると、次期iMacの発売は2021年後半になると予想されているが、7月など後半の中でも早い時期に登場する可能性があるかもしれない。今後の情報に注目だ。

次期iMacはApple Siliconの搭載によりスペックの向上が見込まれているほか、狭ベゼルの実現やPro Display XDRのように背面が平らになるなどデザインの大幅変更が予定されているとの噂。カラーはiPad Air (第4世代) のようなマルチカラー展開になる可能性があるという。

関連記事
新型iMacは全5色のカラーラインナップが存在か。新型Mac ProはMac miniを3~4台積み上げた形に?
新デザインの次期iMacが2021年後半に登場へ。2モデルのMac Proも準備中

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。