macOS Big Sur、OSアップデートの高速化を実現

先月22日に開催されたWWDC20の基調講演で発表された次期macOSの 「macOS Big Sur」 。今年後半にリリース予定の同OSには、ソフトウェアアップデートを高速化できる機能が実装されている。

アップデートプロセスの一部をバックグラウンドで実行してアップデート時間を短縮

Appleの発表によれば、「macOS Big Sur」 ではソフトウェアアップデートに必要な時間を短縮するため、iOSと同じアップデート手法を採用することが告知されている。

具体的にはアップデートの手順の一部をバックグラウンドで完了させることで、インストールにかける時間を短くするというもの。すでにiOS・iPadOSで実装されているものになるが、これをmacOSにも導入しようというわけだ。このアップデート時間を短縮することでユーザーエクスペリエンスをさらに高めることができるとみられる。

現行のmacOSはアップデートに時間がかかることで有名。OSのアップデートには重要なセキュリティアップデートが内包されていることが多いが、この時間のかかるOSアップデートのおかげで、大きな機能変更がない限り最新OSを導入することを躊躇ってしまうユーザーも中にはいるのではないだろうか。つまり、アップデートにかかる時間を短くすることでユーザーのセキュリティを向上させる効果があることになる。

この機能は 「macOS Big Sur」 から導入される予定。具体的にどれほど高速化されるかについては次回のベータ版(現在はmacOS Big Sur Beta 1が提供中)が配信されることで明らかになるだろう。

関連記事
次期macOSは 「macOS 11 Big Sur」。新機能をまとめてみた
macOS Big SurではMacの起動音が復活

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac
 ・24インチiMac
 ・21.5インチiMac
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via 9to5Mac ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。