Face ID搭載Macがいよいよ登場か。macOS Big Surから記述が発見

いよいよ顔認証機能 「Face ID」 を搭載したMacが登場することになるかもしれない。開発者向けに配信が開始された 「macOS Big Sur 11 beta 3」 のソースコードから、MacにFace IDが搭載されることを示唆する記述が見つかったことが分かった。米Apple系メディア9to5Macが伝えている。

macOS Big Sur beta 3からFace ID実装を示唆する記述が発見

Touch IDに代わる生体認証として、iPhoneやiPad Proに搭載されている顔認証機能 「Face ID」 。以前からMacへの搭載も噂されてきたが、9to5Macによると 「macOS Big Sur 11 beta 3」 の中に 「PearlCamera」のサポートを目的としたソースコードが存在するという。

この 「PearlCamera」 とはTrueDepthカメラやFace IDに使用されている内部コードネームのことで、2017年に 「iPhone X」 のリーク情報で初めて明らかになったものであるとのことだ。

同機能の中で使用されている 「FaceDetect」 「BioCapture」 などのコードは、iOSで使用されているコードと似ていることから、AppleがmacOSでFace IDが動作するように準備を進めていると9to5Macは説明している。ちなみに、見つかったコードはmacOS用に構築されたものであり、Mac Catalyst (iPadアプリと同じソースコードでMacアプリを開発できる機能) によって残されたコードではないようだ。

ただし、9to5Macによれば実装はまだ初期段階にあり、Appleが実際にTrueDepthカメラやFace IDを搭載したMacを発表するまではまだ少し時間がかかる可能性があるとしている。

というのも、Face IDを実装したiPhoneやiPadに搭載されているAシリーズのプロセッサにはニューラルエンジンが必要だが、現行のMacにはニューラルエンジンを搭載したモデルが存在しない。自社開発SoC 「Appleシリコン」 の搭載によりMacにもニューラルエンジンが搭載されることになるため、Face IDが搭載されたMacが登場するのはそれ以降になると9to5Macは予想しているようだ。

MacにFace IDが搭載されれば、パスワード入力時にわざわざキーボードを使って入力せずとも、Macに顔を向けるだけで簡単に認証が完了することになる。メッセージやFaceTimeで 「ミー文字」 が使えるようになる可能性もあるだろう。

「Appleシリコン」 を搭載した初めてのMacは今年末に登場予定。現時点でFace IDが実装されるかどうかについての情報はないが、まだMac用のFace IDに関しては実装は初期段階にあるとのことから、来年以降に実装される可能性が高いのではないだろうか。今後の情報に注目したい。

関連記事
Apple、Macの独自チップ 「Apple シリコン」 への移行計画を発表。初ARM版Macは2020年末に登場へ
Appleシリコン搭載MacはThunderboltをサポート。Appleの広報担当が公式見解
iMac 27インチ5Kモデル (2019) レビュー | iMacは一体何ができるの?どんな人にオススメか徹底解説

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。