Apple、AMDプロセッサ搭載MacをmacOS 10.15.4 Betaでテストしている可能性

将来的に、AppleはMacにAMDプロセッサを内蔵させる計画であることが噂されているが、先日開発者向けにリリースされたmacOSの最新ベータ版にて、そのテストが行われている証拠が見つかったと海外で話題になっている。

AMDプロセッサを搭載したMacがテスト中か

このテストの様子が見つかったのは、今月6日(現地時間)に開発者向けに配信された 「macOS 10.15.4 Beta 1 (19E224g)」 。同ベータ版のドライバの中に、AMDプロセッサを示す 「Picasso」 「Raven」 「Renoir」 「NAVI」 といった名称が存在することから、AppleがAMD製のプロセッサを搭載したMacをテストしているのではないかと海外ユーザーを中心に指摘されている。

ちなみに、macOSの中からAMDプロセッサに関する記載が見つかったのは今回が初めてのことではなく、昨年11月にリリースされた 「macOS 10.15.2 beta」 でもAMDプロセッサに関する情報が見つかっている。

もちろん、Appleが単にテストをしているだけで、実際にAMDプロセッサを採用したMacを発売するかどうかは別の話とはなるが、ただ関連したコードが徐々に増えてきていることから、AMDプロセッサを搭載したMacが登場する日が少しずつ近づいている可能性は高そうだ。

関連記事
「macOS Catalina 10.15.4 beta 1 (19E224g)」 が配信開始
MacBook Pro 16インチ (2019) レビュー | キーボード・スピーカーが進化した次世代プロモデル。最新13インチモデルとも比較

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。