「macOS High Sierra 10.13.6 beta」が開発者向けに配信開始

5月31日、Appleは「macOS High Sierra 10.13.6 beta」を開発者向けに公開している。

正式版「macOS High Sierra 10.13.5」がまだリリースされていない状態だが、早くも次期バージョンのベータ版がリリースされた形。なぜ、このような状況が起こったかというと、MacRumors曰く「macOS High Sierra 10.13.5」の新機能「Messages on iCloud」がまだテスト中で、正式リリースに踏み切れない状態であるのが理由とのことだ。

ちなみに、「macOS High Sierra 10.13.6 beta」の変更点は現時点では不明。おそらくはバグの修正やパフォーマンスの改善に重点を置いたアップデートであると推測されるが、何らかの大きな変更があった場合は別途お伝えする予定だ。

「macOS High Sierra 10.13.6 beta」のビルドナンバーは「17G31f」。開発者やApple Beta Software Programの参加者の方々は時間のあるときにアップデートを。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。