「macOS High Sierra 10.13.6 Public beta 2」の配信が開始

現地時間12日、Appleは「macOS High Sierra 10.13.6 Public beta 2」の配信を開始した。Apple Beta Software Programに参加しているユーザーはダウンロードすることが可能だ。

今回のパブリックベータ版は、すでに開発者向けに公開されている「macOS 10.14 Mojave」の最新版ではなく、現行OSの最新ベータ版となる。昨日に「macOS High Sierra 10.13.6 beta 2」が開発者向けに配信されており、そのパブリックベータ版がリリースされた形だ。

ちなみに、前述したようにAppleは「macOS 10.14 Mojave」のベータ版を配布している。「macOS 10.14 Mojave」では、多くのユーザーが望んでいた「ダークモード」が利用できるようになり、デスクトップのアイコンを種類別に整理する「デスクトップ・スタックス」の追加、Mac App Storeのリニューアルなどが行われる予定だ。

詳細については、以下のまとめ記事を確認していただければと思う。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。