macOS Ventura 新機能 「連携カメラ」 。iPhoneをMacのウェブカメラとして利用可能

今秋リリース予定の次期macOSこと 「macOS Ventura」 では、iPhoneをMacのウェブカメラに利用できる機能 「連携カメラ」 が追加される。

利用するには 「macOS Ventura」 をインストールしたMacと、iPhone XR以降のiPhoneが必要だ。

本機能は前述のとおり、iPhoneをMacのウェブカメラとして利用する機能。Macにもウェブカメラが搭載されているモデルが多いが、あえてiPhoneを使用する理由は、iPhoneの内蔵カメラの性能が高いからだ。

Appleによれば、以前のWWDC18で発表したContinuity Cameraを利用し、同機能を実現しているとのこと。iPhoneの背面カメラで撮影した映像をMacに伝送することで、ウェブカメラとして使用する。

iPhoneとMacを同一のWi-Fiネットワークに接続し、あとはBluetoothを有効にしていれば、iPhoneをMacに近づけるだけでカメラの入力が自動的にiPhoneに切り替わる仕組み。ケーブルで有線接続する必要はなく、手軽にウェブカメラとして使用することが可能だ。

iPhone 11以降のiPhoneであればセンターフレームやポートレートモードが使用できる。また、iPhone 12以降であればスタジオ照明機能も利用できる。

また、超広角カメラを搭載したモデルであれば、ユーザーの顔と手元を同時に写す 「デスクビュー」 機能も利用できる。

本機能はZoom、Microsoft Teams、WebExに対応しているとのことでビデオ会議等で活躍の機会がありそうだ。また、手元配信など、YouTubeでの配信にも有効活用できそうだ。

なお、Macの上部にiPhoneをスタンドできる外部アクセサリがBelkinから今年後半に発売予定とのことだ。

関連記事:「macOS Ventura」 対応機種まとめ。2017年以降に発売したモデルがサポート対象

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。