Mac Proに新GPUオプション 「AMD Radeon Pro W6600X」 が追加。+33,000円でアップグレード可能

現地時間3月8日、Appleは 「Mac Pro 2019」 のGPUオプションに新たに 「AMD Radeon Pro W6600X」 を追加した。33,000円追加で標準GPUからアップグレードすることが可能だ。

また、交換用モジュールとして 「Radeon Pro W6600X MPX Module」 の販売を開始している。こちらは77,000円(税込)で購入できる。

「AMD Radeon Pro W6600X」 は、AMDのRDNA2アーキテクチャをもとに作られ、単精度で最大9.8テラフロップス、半精度で最大19.6テラフロップスの演算性能を発揮。256GB/sのメモリ帯域幅を持つ8GB GDDR6メモリを搭載する。

最大4台の4Kディスプレイ、1台の5Kディスプレイまたは2台のPro Display XDRへの映像出力をサポート。また、内部Thunderbolt 3ポートに対応するようルーティングされた2つのDisplayPort接続も持っている。

対応機種はMac Pro(2019)。macOS Monterey 12.3以降の環境で利用可能だ。

関連記事
Apple、新型 「Mac Pro」 の発売を予告。”最後のApple Silicon移行製品” として登場予定

(画像:Apple)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。