Mac Pro (2019)に新GPUオプションRadeon Pro W6800X/W6900Xなどが追加

8月3日、Appleはプロユーザー向けMac 「Mac Pro」 にRadeon Pro W6800Xなどの新GPUオプションを追加。Apple公式サイトにて販売を開始した。

Mac Proに3つの新しいGPUが追加

今回発表されたのは、2019年に発売したIntelプロセッサ採用のMac Pro向けGPUオプション。追加されたのはRadeon Pro W6800X、Radeon Pro W6800X Duo、Radeon Pro W6900Xなど。

  • Radeon Pro W6800X
  • Radeon Pro W6800X Duo
  • Radeon Pro W6900X

これらの新グラフィックオプションを利用することで、従来よりも高速なグラフィックスパフォーマンスを発揮できる。CNNのJake Krol氏の報告によると、DaVinci Resolveで最大23%、Octane Xで84%処理が高速になるという。

新GPUオプションを選択した際のMac Pro各モデルの価格は以下のとおり。

  • Radeon Pro 580X (8GB GDDR5メモリ搭載):659,780円
  • Radeon Pro W5500X (8GB GDDR6メモリ搭載):681,780円
  • Radeon Pro W5700X (16GB GDDR6メモリ搭載):725,780円
  • Radeon Pro W5700X x 2 (各16GB GDDR6メモリ搭載):835,780円
  • W6800X(32GB GDDR6メモリ搭載):923,780円 ←NEW
  • W6800X × 2(32GB GDDR6メモリ搭載):1,231,780円 ←NEW
  • W6900X(32GB GDDR6メモリ搭載):1,275,780円 ←NEW
  • W6900X × 2(32GB GDDR6メモリ搭載):1,935,780円 ←NEW
  • W6800X Duo(64GB GDDR6メモリ搭載):1,165,780円円 ←NEW
  • W6800X Duo × 2(64GB GDDR6メモリ搭載):1,715,780円 ←NEW

Mac Pro(2019)はモジュール式を採用しており、購入時にCTOオプションとしてGPUを選択できるだけでなく、単体で購入しユーザー自身の手で交換、アップグレードすることができる。まだこれらのGPUモジュールは販売されていないものの、近いうちに販売されるのではないだろうか。

(via 9to5Mac)

関連記事
iMac 2021 全機種の性能・違いを比較。24インチ(4.5K, M1)、27インチ(5K)、21.5インチ、あなたにオススメなモデルは?
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。