「ゴミ箱」 と揶揄された旧型Mac Proが販売終了。Mac Pro (2019) の登場とともに姿を消す

12月11日、AppleはMac Proの新型モデル 「Mac Pro (2019)」 の販売を開始したが、これと同時に旧型Mac Proの販売が正式終了となった。

販売が終了した旧型Mac Proは、2013年に販売が開始された円筒形のモデル。美しいボディと小型化が絶賛されたが、あまりに米国などでよく見かけるゴミ箱に似ていることから、ゴミ箱デザインと揶揄されたりもした。

同モデルがApple公式サイトから姿を消しており、現在はApple整備済製品ストアのみで購入できる状態となっている。ユーザー自身の手でカスタマイズすることが難しいため、筆者としては最新のMac Proを購入することをオススメしたいが、もし旧型モデルでも性能的に十分という方はApple整備済製品ストアで購入してみてはどうだろうか。

関連記事
新型Mac Pro(2019) の注文受付が開始 国内の販売価格は最安599,800円(税別)
Mac Pro(2019)、ラックマウント型がまもなく発売予定 ストレージなど一部CTOオプションも今後提供予定

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。