新型「Mac Pro」と新型ディスプレイ「Pro Display XDR」は2019年9月発売か

「WWDC 2019」 で発表された新型 「Mac Pro」 と純正の新型ディスプレイ 「Pro Display XDR」 の詳細な発売時期が明らかになった。

Appleは 「Mac Pro (2019)」 と 「Pro Display XDR」 を2019年秋に発売と告知していたが、米メディアMacRumorsによると、Apple公式サイトのMac Proの紹介ページに 「Mac Pro (2019)」 の発売時期が記載されていたという。(記事最後に追記あり)

新型Mac Proと新型純正ディスプレイ 「Pro Display XDR」 は2019年9月発売

公式サイトの記載によると、発売は 「2019年9月」 。現在この記載は削除されており、もともとの 「Coming This Fall (この秋登場)」 という表示に戻っているのだが、これらの状況から 「Mac Pro (2019)」 は9月に発売するとみて間違いないのでは。

また、WWDCで 「Mac Pro (2019)」 と同時にアナウンスされた新型ディスプレイ 「Pro Display XDR」 も、同じ2019年9月に発売すると予想される。少なくとも米国では。

【追記】当情報を提供したMacRumorsが、今回の Mac Pro (2019) と Pro Display XDR の発売日の表記について、Appleがミスをした可能性を指摘した。また、現状ではAppleは公式に9月発売とアナウンスしていないため、Apple側のミスであった可能性がある。9月に本当に発売するかどうかは現時点では不明のままなため、記事内容の一部と記事タイトルを少し変更した。

新型Mac Proは、歴代Macシリーズの中で過去最高性能を持つプロ向け端末。最大28コアのIntel Xeonプロセッサが搭載され、グラフィックはRadeon pro 580xからRadeon Vega Pro IIまで選択可能。

グラフィックボードは最大2枚連結させることが可能で最大4枚まで搭載することが可能だ。メモリ容量は最大1.5TB、ストレージ容量は最大4TBのSSD。8つのPCI Expressスロットを搭載する。価格は5,999ドル(約66万円)から。

「Pro Display XDR」 は、Appleが開発した32インチ型6Kディスプレイ。画面解像度は6,016×3,384ピクセル(画面比率16:9)で、32インチのミドルサイズの画面ながらRetina(網膜限界)の綺麗な描画をサポートする。リフレッシュレートは最大60Hz。

画面輝度は常時1,000nit(ニト)で、ピークは1,600nitにまで対応する。SDR時は500nit。縦配置(ポートレートモード)にも対応するほか、表面には反射防止コーティングが施されており、常に見やすい画面になっている。

本体価格は4,999ドル(約55万円)だが、スタンドやVESAマウントは別売りになっていて、それぞれ999ドル(約11万円)と199ドル(約2.2万円)に設定されている。

関連記事
新型Mac Pro (2019) が正式発表 最大28コアIntel Xeonプロセッサ、RAM容量は最大1.5TB 2019年秋発売予定
【まとめ】Appleの新型ディスプレイ 「Pro Display XDR」 が正式発表 32インチの6K Retinaディスプレイ、完全なるHDRを表現可能

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。