Magic Keyboardのキーに「San Francisco」フォントを採用

magic keyboard

[img via THE VERGE]

昨日発表された新型の「Magic Keyboard」
様々な進化があったのは昨日の記事でお伝えしたが、この「Magic Keyboard」の進化はキートップにも及んでいたことはご存知だろうか。

キートップのフォントが「San Francisco」に

Magic-Keyboard2

2007年から発売されていたApple Wired KeyboardとApple Wireless Keyboardでは「Vag Rounded」というフォントが使用されていたのはご存知の方も多いはず。

だが、今回発表された「Magic Keyboard」では、Appleが長らく使用してきた「Vag Rounded」フォントにサヨナラを告げ、「San Francisco」フォントを採用している。

これはiOS 9OS X El Capitanで採用されているフォントで、MacBook Retina 2015モデルにも採用されてる。

Magic Keyboardは、サイズも変更に。より小さくコンパクトに!

旧Wireless Keyboard のサイズが「283 × 130 × 18mm」だったのに対して、新「Magic Keyboard」では「279 × 114.9 × 4.1〜10.9mm」と13%小さくなっている。

Magic-Keyboard1

小さく充電式になったMac周辺機器は、Apple公式サイトで注文することができる。気になる方はこちらから。

Apple公式サイト で「Magic Keyboard – JIS」「Magic Trackpad 2」「Magic Mouse 2」をチェック!

また、「Magic Keyboard」「Magic Mouse 2」「Magic Trackpad 2」の詳しい情報はこちらでまとめているので確認してほしい。

[ via Apple ]

Magic-Keyboard2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう