iPad Pro向けMagic Keyboardは旧モデルに流用可能。新モデル向けにSmart Keyboard Folioも発売

3月18日、Appleは新型iPad Proこと 「iPad Pro (2020)」 を突如発表した。本製品にはiPad ProをMacのように使える外部アクセサリー 「Magic Keyboard」(別売) が投入される予定だが、この 「Magic Keyboard」 は約1年半前に発売した 「iPad Pro (2018)」 でも利用できることがわかった。

iPad向けMagic Keyboardは2018年モデルでも利用可能

これは 「Magic Keyboard」 の互換性の記載から明らかになったことだ。Appleの発表によれば、対応しているデバイスはiPad Pro(11インチ)の第1世代モデルと第2世代モデル、そしてiPad Pro(12.9インチ)の第3世代モデルと第4世代モデル。いわゆるベゼルレスデザインを採用したiPad Proはすべて 「Magic Keyboard」 が利用できることになる。

ただし、注意していただきたいのは11インチモデル用の 「Magic Keyboard」 と、12.9インチモデル用の 「Magic Keyboard」 は互換性がないということ。2018年モデルで11インチモデルを購入した方が、2020年モデルで12.9インチモデルを購入した場合は、「Magic Keyboard」 は両製品で使いまわせない点に注意が必要だ。

Magic Keyboard」 はiPad Pro向けのフルサイズキーボード。トラックパッドが内蔵されていてiPad ProをPCライクに使えるだけでなく、バックライトの内蔵により暗所でも安定したタイプが可能だ。キーボードはシザー構造。静かで反応の良いタイピングができるとされている。

iPad Proとはフローティングカンチレバーによってマグネットで装着。常に最も見やすい角度に調整することが可能。パススルー充電ができるUSB-Cポートも搭載されており、相性はバツグンだ。

価格は11インチモデル用が31,800円、12.9インチモデル用が37,800円 (いずれも税別) 。2020年5月に発売を予定している。

関連記事
Apple、「iPad Pro (2020)」 を発表。3D認識できるデュアルレンズカメラ内蔵。トラックパッド付きのMagic Keyboardも登場

ちなみに、「iPad Pro (2020)」 向けにSmart Keyboard Folioも発表されている。2018年に発売したiPad Pro(2018)向けに発売したSmart Keyboard Folioとほとんど同じ仕様ながら、背面のデュアルレンズカメラに合わせて適切な位置に穴が開けられた製品だ。新型iPad Proを購入した方で、「Magic Keyboard」 を必要としない方は新型Smart Keyboard Folioを購入してみてはどうだろうか。

▶︎ Apple公式サイトでiPad向けキーボードを購入する
Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。