MagSafeバッテリーパックに最新ファームウェアアップデート 「2.7.b.0」 配信開始

現地時間4月19日、Appleは 「MagSafeバッテリーパック」 に、最新ファームウェアアップデートの配信を開始したことが分かった。バージョンは 「2.7.b.0」 となっている。

今回のファームウェアアップデートについて、Appleはリリースノートなどを公開していないことから、具体的なアップデート内容は不明。おそらくバグ修正やパフォーマンスの改善などが行われているものとみられる。

また、ファームウェアアップデートはiPhoneの背面に接続した際に自動で行われているようだが、どのような条件下でアップデートが行われているのかは分かっていない。

アップデートされたかどうかは、iPhoneの 「設定」 アプリ内の 「一般」 > 「情報」 > 「MagSafeバッテリーパック」 のファームウェアバージョンをチェックすることで確認可能だ。

(via MacRumors)

関連記事
MagSafeバッテリーパック レビュー | iPhone 12のバッテリーを拡張する便利グッズ。その魅力を解説

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。