MagSafe充電器の15Wフルパワー充電はPD3.0対応の電源アダプタ(20W以上)で利用可能な模様

Appleが販売しているiPhone 12向けワイヤレス充電器 「MagSafe充電器」 は、純正の20W電源アダプタでなければ15Wフルスピード充電が利用できないと先日話題になったが、この情報に続報だ。

「MagSafe充電器」 の15Wフルスピードワイヤレス充電は、一部のサードパーティ製ワイヤレス充電器でも利用できる可能性があることがわかった。先日、MagSafeのワイヤレス充電スピードの検証を行なったAaron Zollo氏はその後も検証を続けており、現時点での途中経過を報告した。

MagSafe充電器の15Wフルスピード充電はPD3.0対応の電源アダプタで利用可能か

Aaron Zollo氏AppleInsiderによれば、MagSafe充電器の15Wフルスピード充電を利用するには、電源アダプタが20W出力に対応していること、そして特定の電流(2.22A)、電圧(9V)が利用できるPower Delivery 3.0に対応していることが条件であるとのこと。これらがすべて利用できる電源アダプタであれば15Wのフルスピードワイヤレス充電を利用することができる可能性があるという。

筆者も自身の所有するPower Delivery 3.0に対応したサードパーティ電源アダプタで計測してみたところ、純正の20W電源アダプタと変わらないスピードで充電できることが確認できた。(まだまだ検証は必要だが) もしAaron Zollo氏の言うとおりなら、上記条件に合致する電源アダプタでMagSafe充電器の実力を十分に引き出すことができそうだ。

ただし、試しにPower Delivery 3.0非対応の電源アダプタ(20W以上)で試してみたところ、出力は10〜13W程度を推移していたものの、実際の充電スピードは15Wのフルスピード充電と大きくは変わらなかったため、Power Delivery 3.0に対応しているかどうかはこの際あまり気にしなくても良いような気がしている。

充電時間\使用アダプタ
(筆者検証例)
Apple20W電源アダプタ Anker PowerPort III Nano 20W Anker PowerPort Atom PD 1
0:00 2% 2% 1%
0:30 20% 19% 18%
1:00 39% 38% 37%
1:30 54% 54% 51%
2:00 69% 68% 63%
2:30 81% 80% 72%
3:00 91% 89% 83%
3:30 99% 97% 92%

ただし差があることは事実なので、やはりAppleの純正20W電源アダプタや 「Anker PowerPort III Nano 20W」 などのPD 3.0に対応した20W電源アダプタを利用するのが安心だろう。MacRumorsのライターのSteve Moser氏は、Anker PowerPort III Nano 20WAUKEY Omnia Miniなどの製品が15Wの高速ワイヤレス充電を利用できるとしている。

ちなみにMagSafe充電器は12W以上の電源アダプタで利用することが可能だが、Appleは20W以上の電源アダプタで使用することを推奨しており、また、12W〜19W出力に対応した電源アダプタで充電した場合はiPhoneを10W程度 (5Vx2A) でワイヤレス充電する仕様になっていることが検証から明らかになっている。

関連記事
【UPDATE】MagSafe充電器、現時点では純正20W電源アダプタ使用時のみ15Wフルパワー充電可能な模様
Apple、MagSafe充電器に関する注意点を掲載。レザーケース装着の場合はMagSafeのサークル痕が残る可能性
iPhone 12 Pro レビュー | カックカクな新デザインの新型5Gモデル、その魅力とイマイチなところ。MagSafeも使ってみた

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。