MagSafeバッテリーパックで7.5W充電が利用可能に。アップデートはMac/iPad経由だと5分で完了

現地時間4月20日、AppleはMagSafeバッテリーパックのサポートページを更新。最新ファームウェアを適用することで、外出先で7.5Wのワイヤレス充電が利用できるようになったことが分かった。

MagSafeバッテリーパックで7.5W充電が利用可能に

MagSafeバッテリーパックについては、現地時間19日にファームウェアアップデート (バージョン2.7.b.0) の配信が始まったことが判明していたものの、詳しいアップデート内容は不明とされていた。

サポートページが更新されたことで、アップデートによって外出先でも7.5WでiPhoneをワイヤレス充電できるようになったことが判明。従来までは5Wだったため、充電スピードが向上して早く充電できるようになる。

MagSafeバッテリーパックの出力
  旧仕様 新仕様
通常時 5W 7.5W
20W以上の電源接続時 最大15W 最大15W

Appleによると、ファームウェアアップデートはMagSafeバッテリーパックをiPhoneに取り付けたあとに自動で開始される。ただし、この方法だとファームウェアのアップデートに約1週間かかることがあるという。

速やかにアップデートを適用したい場合は、Lightning – USBケーブルを使用してLightningコネクタ側にMagSafeバッテリーパックを、USBコネクタ側をMacまたはiPadに接続すれば、約5分と短い時間でアップデートを完了できるという。

アップデートが適用されたかどうかは、iPhoneにMagSafeバッテリーパックを接続した状態で、iPhoneの 「設定」 アプリ内の 「一般」 > 「情報」 > 「MagSafeバッテリーパック」 のファームウェアバージョンをチェックすることで確認可能だ。今回はバージョンが 「2.7.b.0」 になっていればアップデートが完了していることになる。

(via 9to5Mac)

関連記事
MagSafeバッテリーパック レビュー | iPhone 12のバッテリーを拡張する便利グッズ。その魅力を解説

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。