JR東日本、忘れ物自動通知サービス提供へ 紛失防止IoTタグ「MAMORIO」と提携、51駅にアンテナ設置

JR東日本は今月18日から、忘れ物自動通知サービスの提供を開始する。駅に忘れ物をしたら、持ち主のスマホに自動的に通知が表示されるというものだ。

お忘れ物承り所にMAMORIOがついた落とし物が届くと自動で通知を送信

このサービスは、MAMORIO社が販売する紛失防止IoTタグ 「MAMORIO」 と提携して提供される。同紛失防止タグをつけたバッグや財布などの所持品がJR駅内のお忘れ物承り所に届けられた際、「MAMORIO」 アプリをインストールしたスマートフォンに通知が表示され、どこの駅に所持品があるかを知らせてくれる。

今回、JR東日本は首都圏駅や新幹線駅を含む主要51駅に 「MAMORIO Spot」 を設置し、お忘れ物自動通知サービスを提供する。これまでは東京駅・上野駅・大宮駅・千葉駅で試験的に提供されてきたが、一定の成果がみられたことから提供駅の拡大を決めた。

MAMORIO Spotの設置駅は以下の51駅。

東京、上野、松戸、取手、川崎、鶴見、東神奈川、横浜、桜木町、磯子、大船、平塚、小田原、熱海、逗子、久里浜、三鷹、立川、豊田、八王子、高尾、甲府、府中本町、大宮、浦和、古河、小山、小金井、宇都宮、黒磯、熊谷、高崎、新前橋、土浦、水戸、錦糸町、西船橋、津田沼、千葉、佐倉、成田、成田空港、仙台、盛岡、新青森、秋田、山形、新庄、長岡、新潟、長野

※東京、上野、大宮、千葉はすでに導入済み

今回のJR東日本の発表も一部主要駅での導入に過ぎないが、「MAMORIO」 は普及率が高くなればなるほど忘れ物が見つかりやすくなる。忘れ物をしやすいと自覚している方は、この機会に導入を検討してみてはどうだろうか。

MAMORIO FUDA(フューダ)/シール型紛失防止デバイス (Black)
MAMORIO
売り上げランキング: 3,291
MAMORIO 忘れ物防止タグ MAMORIO S ブラック MAMORIOSB&B
MAMORIO
売り上げランキング: 3,064
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。