メルカリが 「配送料金」 値上げ。らくらくメルカリ便は210円〜/ゆうゆうメルカリ便は230円〜

メルカリは6月16日(木) 正午より、メルカリ便の配送サービス利用料を改定する。

「らくらくメルカリ便」 は35円〜150円の値上げとなり、ネコポスは175円から210円に、宅急便コンパクトは380円から450円に、宅急便60サイズは700円から750円に変更される。

「ゆうゆうメルカリ便」 は、15円〜80円の値上げとなる。ゆうパケットが200円から230円に、ゆうパケットポストは200円から215円に、ゆうパック60サイズは700円から770円に変更される。

「メルカリShops」 の配送サービスについても、35円〜150円の値上げとなる。ネコポスは175円から210円に、宅急便コンパクトは380円から450円に、クールメルカリ便60サイズは920円から970円になる。また、集荷サービスについても30円の値上げとなる。

今回の配送サービスの料金改定について、メルカリは 「物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果、メルカリ便配送サービスを継続しつつ、お客さま体験を一層良くしていく為」 と説明している。

新しい配送サービス料金は、2022年6月16日(木)午後00:00:00(正午)以降に購入した商品に適用されるとのこと。それ以前は旧料金が適用される。実際に発送手続きや集荷手続きが行われるタイミングとは異なるため注意が必要だ。

関連リンク:【6/16(木)より】メルカリ便の配送サービス利用料金を改定いたします | メルカリびより【公式サイト】

(画像:メルカリ)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。