メルカリがスマホ決済サービス「メルペイ」 提供開始 売上金を支払いに、iDに対応

また新たなスマホ決済サービスが誕生。2月13日、メルカリ傘下の株式会社メルペイはスマホ決済サービス 「メルペイ」 を発表、本日から 「メルカリ」 アプリをアップデートすることによって、利用できるようになっている。

メルカリの売上を利用できるスマホ決済サービス 「メルペイ」 が提供開始

「メルペイ」 は、メルカリで発生した売上を使って、店舗での支払いが可能なスマホ決済サービス。第1弾として三井住友カードと提携、非接触決済サービス 「iD」 をサポートしているため、コンビニエンスストアやレストラン、ドラッグストア、ファーストフード店といった全国90万箇所のiD提携店で利用可能だ。

また、メルカリの売上金以外にも、銀行口座からチャージすることもできる。対応する銀行はメガバンクのほか、地方銀行も対応する。

同スマホ決済はまずはiOSデバイスで先行投入され、今後Androidデバイスでも利用可能になる。iOSユーザーは、メルカリのアプリを最新バージョン (4.0.0) にアップデートする必要あり。アップデートはApp Storeから。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。