Apple、「Made for iPhone(MFi)」認定ロゴのデザインを変更 アクセサリメーカーは90日以内に差し替えが必要に

iPhoneやiPadのサードパーティー製アクセサリーを購入した際に、外箱や説明書などに「Made for iPhone」や「Made for iPad」と書かれたロゴを見つけたことはないだろうか。

今後、このロゴが新しいデザインになることが判明した。9to5Macが伝えている。

MFi認定ロゴのデザインが変更に

「Made for iPhone(MFi)」の認定ロゴは、各アクセサリがiPhoneやiPad、iPod専用に設計されており、Appleが定めている性能基準を満たしていることを示すものだ。

従来まで、このロゴにはそれぞれ「iPhone」「iPad」「iPod」の文字とともに各デバイスのマークが描かれていたが、今後はAppleのロゴと文字だけのシンプルなデザインに。

また、従来まではデバイスの並びが「iPod」「iPhone」「iPad」だったが、今後は「iPhone」「iPad」「iPod」の順になるようだ。

この新しいロゴは2月上旬から導入が始まっており、各アクセサリメーカーは今後90日以内にロゴの差し替えが必要になるという。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。