Apple Watch Ultraはさらなる画面大型化&マイクロLED化が果たされる?2024年以降に実現との噂

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple Watchは初代モデル以降、数年おきに大型化が行われている。昨年秋には、Apple Watchシリーズで過去最大のモデルとして 「Apple Watch Ultra」 が登場。画面サイズはこれまでの41/45mmから49mmに拡大されている。

しかし、2024年以降にはさらなる大型化を果たしそうだ。複数のアナリストが最新の予測レポートを伝えている。

Haitong International SecuritiesのアナリストのJeff Pu氏は、2024年モデルに現行の有機ELディスプレイに代わりマイクロLEDディスプレイを搭載したApple Watch Ultraが発売すると予想する。ディスプレイサイズは対角1.93インチから2.1インチになるとのこと。

有機ELディスプレイからマイクロLEDディスプレイに変更することで、色域と画面輝度をさらに高めることができるという。もし事実であれば、太陽光の下での利用がさらに快適になるかもしれない。

また、DSCC (Display Supply Chain Consultants) CEOを務めるRoss Young氏は、Apple WatchシリーズへのマイクロLEDディスプレイ搭載時期を2025年春と予測した。

Young氏は、どのモデルに搭載されるのか、また画面サイズがどう変化するのかなどの詳細な情報は提供しなかったが、大量のLEDを使用し製造コストが高いマイクロLEDの性質を考慮すると少なくともハイエンドモデルには搭載されることになるだろう。

なお、発売時期についてYoung氏は、2025年春としているが、Apple Watchシリーズのアップデート時期は毎年秋であることから、実際には2025年秋以降のモデルの情報を指しているものと予想される。

前述のJeff Pu氏とは時期が異なるものの、両アナリストが近い予測を立てていることから、AppleがマイクロLEDディスプレイをApple Watchに搭載する計画を立てている可能性は十分にあると言える。

ただし、Appleの未発表製品に関する情報に対する予測精度は、Ross Young氏が90%程度であるのに対して、Jeff Pu氏は50%程度の予測精度であることを考慮すると、2024年に登場するとの情報はやや早計と考えるべきなのかもしれない。

(via MacRumors)

関連記事
Apple Watchが12回分割払い金利0%で購入可能に。1月31日までの期間限定キャンペーン
Apple Watch Ultra レビュー|驚異の56時間バッテリー駆動のタフネスモデル!その使い心地/性能を徹底検証

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。