Microsoft、テレビとコントローラーだけでゲームプレイできる仕組みをテレビメーカーと開発中。ストリーミング型 「クラウドゲーム専用デバイス」 も

6月10日、米MicrosoftはXbox Wireを更新し、「Bringing the Joy and Community of Gaming to Everyone」 と題する記事を掲出。

この記事の中でコントローラーをテレビに接続するだけでゲームがプレイできる仕組みと、そしてクラウドゲームサービスを利用できるストリーミングデバイスを開発していることを発表した。

コントローラーをテレビに接続するだけでゲームプレイ可能な仕組みが開発中

Microsoftの発表によると、同社は世界的なテレビメーカーと協業し、テレビにコントローラーを接続せずにゲームがプレイできる仕組みを開発しているとのこと。

具体的にどのような形で実現されるのかは明かされていないものの、おそらくテレビ向けにXboxゲームをプレイできるアプリがリリースされ、インターネットを介してXboxのクラウドゲームをプレイできるものになるとみられる。

また、Microsoftはさらにクラウドゲーミングサービスを利用できるストリーミングデバイスを開発していることも明らかにしている。これは前述のテレビ向けXboxアプリを導入できないテレビでもXboxのクラウドゲーミングサービスを利用できるものになるとみられる。

同デバイスが登場することで、Xboxコンソールを持たないゲームユーザーでも、画面とネットワークさえあればXboxのゲームをプレイできるようになるだろう。提供開始時期などは明かされていないが、近い将来に実現されることになりそうだ。

関連記事
Xbox Series S 詳細レビュー | 次世代機とは思えぬコンパクトさ&価格が魅力。その実力を発売前にじっくり検証してみた
Xbox Series X レビュー | 文句なしのスペックとクイックレジューム、高速ロードで絶え間ないゲームプレイ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。