Microsoft、「Surface Laptop Studio」 発表。可動ディスプレイ搭載で3つのモードで作業できる新型ノートPC

現地時間9月22日、米Microsoftは 「Surface Laptop Studio」 を発表した。

海外では本日から予約受付が開始されており、発売は10月5日を予定している。価格は1,599.99ドル〜。

国内では2022年前半に発売予定で、価格は現時点では未定となっている。

ラップトップシリーズの新たなフラグシップモデル 「Surface Laptop Studio」 正式発表

「Surface Laptop Studio」 は、Microsoftが販売するラップトップ 「Surface Book」 シリーズの後継モデルにあたるフラグシップモデル。

ディスプレイを分離できるこれまでのスタイルを刷新し、画面を手前に引っ張ることでタブレットとして利用できる新たなスタイルを採用した。同社のデスクトップモデル 「Surface Studio」 をイメージすると理解しやすいかもしれない。

画面は14.4インチのPixelSenseディスプレイ。タッチ操作に対応し、解像度は2,400×1,600、縦横比は3:2、コントラスト比は1500:1。リフレッシュレートは120Hzで、滑らかな描写が可能。Dolby Visionもサポートする。

左:ステージモード/右:スタジオモード

「Surface Laptop Studio」 には 「ラップトップモード」 「ステージモード」 「スタジオモード」 の3つのモードが用意されている。

ラップトップモードはノートPCのように使うモード、ステージモードはキックスタンドでタブレットを立てた状態のようなモード、スタジオモードは端末を完全に折りたたみタブレットのようにして使用するモードだ。このモードを切り替えることで、ユーザーはさまざまな作業に本デバイスを利用することが可能。

搭載CPUはIntelの第11世代Coreプロセッサ(Core i5-11300Hあるいはi7-11370H)、GPUはNVIDIA GeForce RTX 3050 Tiを搭載。

内蔵メモリ(RAM)は16GBあるいは32GBから選択可能。ストレージ容量は256GB、512GB、1TB、2TBのラインナップ。

搭載ポートはUSB Type-C (Thunderbolt 4) ポートが2基、Surface Connectポート、3.5mmヘッドホンジャック。

フロントカメラは1080p解像度に対応。そのほか、Dual far-fieldスタジオマイク、Dolby Atmos搭載Omnisonicスピーカーを搭載。Bluetooth 5.1とWi-Fiをサポートする。

バッテリー持ちはCore i5搭載モデルで最長19時間、Core i7搭載モデルで最長18時間。

搭載OSはWindows 11 Home、Xbox アプリをプリインストールした状態で出荷され、Xbox Game Pass Ultimateの1 か月無料体験が同梱する。

「Surface Laptop Studio」 は、海外では本日から予約受付が開始されており、発売は10月5日を予定している。価格は1,599.99ドル〜。

国内では2022年前半に発売予定で、価格は現時点では未定となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。