Microsoftが新型モデル「Surface Go」を正式発表 399ドルの低価格モデル、日本でも発売へ

現地時間9日、Microsoftは新型モデルの「Surface Go」を発表した。発表は本日22時と予想されていたが、それよりも早いお披露目となった。

「Surface Go」はわずか400ドルで購入できるエントリーモデルのSurface。価格は399ドル(約44,000円)からで、事前情報の通り8月2日に発売予定、一部のモデル(256GBのSSDを搭載したLTEモデル)については今年後半に販売される予定だ。

プロセッサにはIntel Pentium Gold 4415Yプロセッサが採用されており、RAM容量は4GB(最大8GB)で、ストレージ容量は64GB eMMC(オプションでSSD128GB/256GBまで選択可能)。

画面サイズは10インチ、解像度は1800×1200(3:2)。搭載ポートは独自規格のSurface Connectに加えてUSB-Cを搭載。USB-A(USB 3.0)ポートは廃止される。そのほか、ヘッドホンジャックにmicroSDスロットを搭載し、内蔵バッテリーは最大9時間駆動する仕様になっている。

また「Surface Pen」にも対応し、別売りの新しい「Surface Go Signature Type Cover」にも対応する。

  スペック
価格 399ドル〜(約44,000円〜)
プロセッサ Intel Pentium Gold Processor 4415Y
画面サイズ・解像度 1800×1200
メモリ(RAM) 4GB / 8GB 1866MHz LPDDR3
ストレージ容量 64GB eMMC / 128GB SSD / 256GB SSD
各種ポート Surface Connect / USB Type-C(USB 3.1) / MicroSDXC /  3.5mmヘッドフォンジャック
OS

一般向け
Windows 10 Home in S Mode

商用向け
Windows 10 Pro (Sモードが利用可能)

   

「Surface Go」は7月10日から北米とオーストラリア、欧州で予約が開始される予定。日本を含む他地域でも数週間以内に予約受付が開始される予定となっている。

価格についてはまだ詳細は明らかになっていないが、事前情報によるとメモリ4GB、ストレージ64GBのモデルが399ドル。メモリ8GB、ストレージ容量128GBのモデルが549ドル(ビジネス向けはそれぞれ449ドルと599ドル)。256GBのSSDを搭載したLTEモデルについては価格は明らかになっていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。