Microsoft、2021年後半に日本でクラウドゲーミングサービス提供へ

6月10日、米MicrosoftはXbox Wireを更新し、「Bringing the Joy and Community of Gaming to Everyone」 という記事を掲出。この記事の中で、日本におけるクラウドゲーミングサービスの提供時期を2021年後半と明示している。

Microsoftが2021年後半に日本でクラウドゲーミングサービスを提供開始へ

米Microsoftによると、2021年内に日本、オーストラリア、メキシコ、ブラジルにおいて、クラウドゲーミングサービスを提供開始するとのこと。

同サービスは、「Xbox Game Pass」 加入者向けに提供されるクラウドゲーミングサービス。Xboxコンソールがなくても、タブレットやPCの画面でXboxのゲームを遊べるというものになる。

さらに、クラウドゲーミングサービスは今後数週間以内に、ブラウザからもプレイすることが可能となる。対象ブラウザはEdge、Chrome、Safariで、Xbox Game Pass Ultimateを加入するユーザーが利用可能。つまり、PCやタブレットだけでなく上記ブラウザが利用できるデバイスすべてでプレイすることが可能になる。

米Microsoftは、コンソールだけでなくクラウドゲーミングサービスにも注力していく姿勢を示しており、今後はスペックの低いPCにおいても次世代コンソール向けタイトルがプレイできるのが当たり前の時代となりそうだ。

関連記事
Xbox Series S 詳細レビュー | 次世代機とは思えぬコンパクトさ&価格が魅力。その実力を発売前にじっくり検証してみた
Xbox Series X レビュー | 文句なしのスペックとクイックレジューム、高速ロードで絶え間ないゲームプレイ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。