Microsoft、エンタープライズ向けiOS/Androidデバイス向けセキュリティソフト 「Defender」 2020年後半リリース

現地時間2月20日、米MicrosoftはiOS/Android向けにアンチウイルスソフト 「Defender」 をリリース予定であることを発表した。リリース時期は2020年後半を予定している。

Microsoft、iOS/Android向けにアンチウイルスソフトをリリースへ

「Defender」 はMicrosoftが開発したセキュリティソフト。ウイルス対策を基本とするが、そのほかにも実在する組織・団体を騙ってユーザーIDやパスワードといった個人情報を盗み取るフィッシングへの対策も用意されているという。

アプリの詳細については現時点ではあまり明らかにされていないが、来週開催される 「RSAカンファレンス」 で詳細が発表されるとのことだ。iOSアプリの場合はiPhoneやiPad全体をスキャンすることはそもそもOS側が許可していないため、同アプリがどのようにウイルスを検出するつもりなのかについても注目となる。

Microsoftのセキュリティソフトについては、実はすでにWindows向けに 「Defender Advanced Threat Protection」 というソフトが提供されているが、昨年には同ソフトのMac版が提供されることが発表されている。現在はパブリックプレビューの段階で、のちに正式版がリリース予定。Windows・Mac版はクイックスキャン・フルスキャンの両方を利用でき、デバイスからウイルスを検出・排除することが可能だ。

ちなみに、モバイル版 「Defender」 はエンタープライズ(企業向け)のサービスになるとみられているため、一般ユーザーが同ソフトを利用することはできないものと予想される。また、今回のモバイル版の発表と同時に、Linux版 「Defender Advanced Threat Protection」 の提供開始についても発表されている。

関連記事
Chromiumベースの 「Microsoft Edge」 が正式リリース WindowsとmacOSで利用可能
Microsoftのクラウドゲームサービス「Project xCloud」、iPhone・iPadでもプレビュー版が利用可能に

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。